チャパリータでございます(`・ω・´)ゞビシッ!!



現行品でも、なかなかに気になる製品ってのもありまして…


DSC00353




















こちらはヤサカさんのギャラクシャですね。
このラケットが今気になります。というか結構欲しいです…(ノ´∀`*)




まぁまぁ、板を見てもらえば分かると思うのですが、アレなんですよね…

ただ、単にそれだけでは全く響きなどはしません。
普遍的で今やどこにでも存在するような合板ですからね。




ポイントはズバリ“板厚”






コレ6.0mmなんですね…






現行品のクリッパーウッドは、現代卓球に寄せての事なのか、なんと7.0mm!!(;・∀・)アツッ!!
少し前までは6.3mmの仕様だったなんて話をよく耳にすることかと思いますが、実はもっと昔は6.0mm前後だったのです。


まぁ厳密にいうと、バラつきがあるためか、板厚そのものの表記が無い時代でもありましたが…(´ε`;)



DSC00380

















DSC00382


















コレはオールドのSTIGA大好き馬場店の単芝(ヒトシ)君所蔵のクリッパーウッド。

ヤサカさんの正規輸入品としてはかなり初期の頃のモデルですね。
ティッキャンアナトミックが眩い逸品です。


DSC00384


















個体によってより薄い物、または6.3mmに近いものなどありますが、このラケットは6.1mm。

つまり、ギャラクシャはオールドのクリッパーの使用感を味わえる価値ある現行品だと個人的には感じています。


黒い染色材もなかなかイケてますよね。

その昔、スティガプロなる製品があって…


まぁ、この話はまた今度にしましょう…





市場ではヤマトさんのスワットが売れに売れているようようで。
あのラケットは本当に良いラケットですよね…

ヤサカさんでもその対抗と思われるような位置づけ『アーレスト』なる製品がありますが、このギャラクシャなんかを5,000円前後で市場に投入してくれていたら、自分も目の色変わったと思います…


まぁ、曲りなりにも『トップギアシリーズ』と謳っておりますので、そう易々と低価格設定には出来ないとは思いますけど…





ただ、上記の理由で10,000円であっても、個人的には買ってみたいラケットです。














本日は以上です!∠( ゚д゚)/