チャパリータっす( ;∀;)


唐突ですが、チャパリータはアナトミックが好きです。
使おうと思ったラケットにアナトミックがあれば、基本アナトミックを選びます。

今使用しているPF4は平たいコニックのみなので、仕方なくこれを使用しています。
まぁ結局のところ、グリップなんざ慣れですんで、FLでもSTでも良かったりします。

自分はね。

でも、アナトミックがあるのなら、アナトミックが良いですね。




そんな私の周りには、結構アナトミック好きが多くて。
孔令輝SPのアナトミックを使用していた友人が新しいラケットを探しているという事で、海外からアナトミックを色々と個人輸入していた時期がありました。

最近になって、タマスさんも国内でアナトミックのバリエーションを復活させてくれましたが、長らく日本ではアナトミックレスの時代が長く続き・・・

ただ、ヨーロッパではアナトミックの需要は一定層あり、日本で販売されていない時期も、国内で販売されている同モデルのアナトミックが海外では販売されていたんです。

ボルシリーズ(現在は日本でも買える)、シュラガー、メイス、インナーフォースシリーズ等など・・・


まぁみなさん知っての事だと思いますが(;・∀・)



その当時に買った1本がコレ。
DSC00626


















ご存じプリモラッツカーボン。のアナトミック。
長らく販売されていた名作ですね。

性能は尖ってたけど、「これじゃなきゃ嫌!」って人は今でも結構多い事でしょう。

買ったのは自分の友人だったけど、ほとんどネタで買ってみた程度の事だったので、巡り巡って現在は自分の手元にあります。

ラージでも始めた折にはこのラケットを使おうかな。




さてさて、この手のラケットを海外のショップから個人輸入すると、よく『オマケ』がついてきたりするもんです。
このプリモラッツを購入したときに、こんな物が同封してありまして…

DSC00627

















海外バタフライのカタログ・・・(; ・`ω・´)



いくつになっても、新しいカタログをめくるときのワクワクと言ったら無いですよね…
このカタログは新しいという訳では無いのですが、それに近い高揚を覚えたのを今でも思い出します。


んで、その中身はというと。
DSC00628

















DSC00629

















DSC00630

















国内で廃盤になった製品も海外では現行って場合も結構あります。

みんな大好きビスカリアに、めっちゃ懐かしいグルッバカーボン・・・
これたしかハンガリーメイドなんだよね。タマスさんのカーボンラケットで6,000円ってのは当時革新的に安かったです。









んで!!




自分が最も胸躍ったのは別の製品・・・
それがコレ!!!


DSC00632


















その名も『Nippon』という卓球台!!!

中央にはバタフライ創業当時のロゴマークを大きく配置・・・
カラーは当然深緑、4本の脚は無垢の木材で作られた卓球台・・・






これ欲しいーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!(;´゚д゚`)

























以上、チャパリータでした(;´゚д゚`)