チャパリータっす!(;´・ω・)







先日、馬場に出社したら、先に来ていた単と常連のジョエ(私のチームメイトでもある)が「プレックスィー」「プレックスィー」うるさかった…(´・ω・`)


何なの君たち?(笑)とたずねたら、どうやらお客さんからこんな紙をもらったようで…

DSC01123

















むかーしのアームのラバーの中に入ってたラインナップ表らしいのだが、その中の「プレックスィー」の語感が2人は気に入ったようなのでした。


え?プレックスィー知らんの?という話になり、私が所有しているプレックスィーの現物を見せてやることに。



それがコチラ

IMG_2487

















IMG_2488



















う~ん…秀逸だ…
特に裏のバック振ってるトコのデザインなんか特にヤバい。

んで、気になる一文を発見!

IMG_2489


















“ご注意”の部分、この時代は恐らくプレーヤーの8~9割がペンホルダーで、そのほとんどが単板であったと察します。

そんなのより、特徴の本文!

「スピードが出る反面、ひっかかりが最高で、手もとの狂いがなく、安定性が抜群によい。」

もう史上最高に良いラバーであったことは間違いない(笑)
物理の法則を無視した圧倒的なポテンシャルです。



まさにロマンです。














以上、チャパリータでした!