チャパリータです(´◉◞౪◟◉)


後半は2枚目のマスクの秘密。


TAKZiNE初代編集長のオカの退社により、皆で分担して記事をつくる事になった。
当然私にも作業が割り当てられたワケだが、その一つが『表紙』だったのである…。

もともと外部で手伝ってもらっているデザイナーさん(表紙の写真も担当)が東京の人という事もあって、馬場の自分の方がなにかと都合が良い点。そして文字通り“色物”と化したマスクマンが入る事で画として成立するから…?という事だったのかもしれない。

なにせ先代のオカさんのキャラクター性が際立っていたので、画としての代わりというトコロで言うならば、例えぐっちぃであっても弱かったのだと思う。


そんなこんなで18号から表紙を担当する事となった私。
実はこの表紙、紙面を構成する上で一際難儀なページなのです。

当然ながら、卓球台のあるところを探し、アポをとり、実際に撮影しに行かなくてはなりません。
その際、同行するデザイナー(カメラマン)さんの都合と、撮影させていただく先の都合を、私が間に入って擦り合わせ無ければなりません。
それが1か所ならともかく、1日に3か所4か所をめぐります。そのスケジュールを組む作業が本当に死ねます…(*´ω`*)


そのデザイナーさんがとにかく忙しいというのもありますが、当然私の都合というのもあるので、大人二人が仕事に出向く上で1日に1か所…、というのはあまりにも要領が良くないという事で、撮影の日は無理をして3か所以上ぶち込む事にしたのです。


表紙の撮影は実際に私もラケット握ってラリーをしながら行う事が多く、1か所で1時間弱撮影しているのですが、その時点でマスクがもうヤバいんです…。
これが夏となると本当の地獄を見るため、もういてもたってもいられず、昨年の決算時に2枚目のマスクを作らせてもらったワケです。

ちなみに、2回目以降の注文は1回目をつくった際のパターン(型紙)が出来上がっているため、少し安く作れます。とはいえ、それなり高額な品物のため、少なくとも現時点では2枚以上作る事は想定していません。


となると…、その2枚目のマスクのデザインは結構重要になってきます。
今後数が増えるならどのような配色でも良いけれど、2枚で終わるのであれば、1枚目と対のデザインにしたかったのです。

そうして出来上がったマスクがコチラ↓
DSC01125

















必要に迫られ作られた2枚目
モデル名-Luna(ルーニャ)-




さぁ、これで2枚のマスクが出揃った。
DSC01126



















勘の良い人なら気付いたかも知れない…
この2枚がどういったところで対の存在になっているのかを。


答えはココ!!
DSC01120



















そう。実は2枚目に作ったマスクは1枚目の反対色で構成している。
その為、色を反転すると、1枚目は2枚目の配色に、2枚目は1枚目の配色になるのだ。



Lunaは幻想的な配色に良く似合う「月」をあしらっているが、ここも1枚の「星」と対になる意味合いを込めてみた。


当然元ネタは…
IMG_2490

















である。




求められることは稀だが、実は私のサインにもこの「星」バージョンと「月」バージョンがある。
DSC01121

















DSC01122





















「月」バージョンは少ないのでレアですよ。




それ以前にサイン自体の個体数が少ないけど!(笑)
















以上!チャパリータでした!(`・ω・´)ゞ